ホーム


  文献資料 『資本論』の細胞理論について


  Gallert:『資本論』の 膠状物(Gallert・凝結物)とゲル化 



  
コラム30_細胞理論の源流-労働膠状物


*資本論ワールド編集部(H注)より・・・・
  ーこの文献資料は、「2016『資本論』入門4月号(第2部)『資本論』の膠状物・凝結物Gallertについて」第6章の抄録です。・・・・
 

 私たちは、1817年~1858年ヘーゲルからウィルヒョウに至る生命科学史をたどってきました。
 ここから見えてきた西洋の生命観 ― 
細胞とGallertの具体的な概念装置 ― をイメージすることが可能となり、『資本論』に登場する「Gallert」を分析する準備ができました。
 
 最初に「
価値とGallertの関係」を要約しておこう。

1. 価値としては、商品は人間労働の単なる凝結物〔blose Gallerten menschlicher Arbeit〕であるが、
 人間労働は、価値を形成するのではあるが、価値ではない。それは
凝結した〔gerinnen : ゲル化した〕状態で、すなわち、対象的な形態で価値となる。

2. この物体〔等価形態にある上衣〕にたいして、人は、それが価値であるという風に、したがって、亜麻布価値に対象化されている労働から少しも区別されない、
労働の凝結物 〔 Gallerte von Arbeit〕である。

3. 一商品、例えば、亜麻布の価値は、いまでは商品世界の無数の他の成素〔Element〕に表現される。
 〔亜麻布20エレ=上衣1着または=茶10ポンドまたは=コーヒー40ポンドまたは=小麦1クォーターまたは=その他〕
 すべての他の商品体は亜麻布価値の反射鏡となる。こうしてこの価値自身は、はじめて真実に
無差別な人間労働の凝結物〔als Gallerte unterschiedsloser menschlicher Arbeit〕として現われる。

4. こうして
Gallertは、商品世界の成素形態として「価値」を形成する。
 そして、「単純なる商品形態〔亜麻布20エレ=上衣1着〕は、
貨幣形態の萌芽〔胚細胞der Keim der Geldform〕になるのである。
 
 さあ、ご一緒に出発しましょう。

   ◆ 『資本論』のGallert・膠状物(凝結物)とゲル化
 
1). 
第1章第1節 商品の2要素

 「われわれはいま労働生産物の残りをしらべて見よう。もはや、妖怪のような同一の対象性いがいに、すなわち、無差別な人間労働に、いいかえればその支出形態を考慮することのない、人間労働力支出の、
 単なる膠状物〔eine blose Gallerte〕(*注1)というもの意外に、労働生産物から何物も残っていない。
 
これらの物は、ただ、なおその生産に人間労働力が支出されており、人間労働が累積されているということを表わしているだけである。これらの物は、おたがいに共通な、この社会的実体の結晶として、価値―商品価値である。」

  
(*注1)最初にGallertは「単なる膠状物」として始まるが、価値形態が展開されるにつれて、貨幣の胚細胞へと成長分化してゆきます。お楽しみに。

2). 
第1章第2節 商品に表わされた労働の二重性

 「上衣や亜麻布という使用価値が、目的の定められた生産的な活動と布や撚糸との結合であるように、上衣や亜麻布という価値が、これと反対に、単なる同種の
労働膠状物〔blose gleichartige Arbeitsgallerten〕であるように、これらの価値に含まれている労働も、布や撚糸に対するその生産的な結びつきによるのではなく、ただ人間労働力の支出となっているのである。上衣や亜麻布という使用価値の形成要素は、裁縫であり、機織である。まさにそれらの質がちがっていることによってそうなるのである。それらの労働が上衣価値や亜麻布価値の実体であるのは、ただそれらの特殊な質から抽象され(*注2)、両者が同じ質、すなわち人間労働の性質をもっているかぎりにおいてである
   

  (*注2)有用性、使用価値の「形成要素Bildungselement」が抽象されてくる。


3).  
第3節 価値形また交換価値 A 単純な、個別的な、または偶然的な価値形態
   

    2 相対的価値形態


 ① 「価値としては、商品は人間労働の
単なる凝結物〔blose Gallerten menschlicher Arbeit〕(*注3)であると、われわれがいうとすれば、われわれの分析は、これらの商品を価値抽象に整約するのではあるが、これらの商品に、その自然形態とちがった価値形態を与えるものではない。一商品の他のそれにたいする価値関係においては、ことはちがってくる。その価値性格は、この場合には、それ自身の他の商品にたいする関係によって現われてくる。」
    (*注3)1.なぜかGallertが「凝結物」と翻訳・変更されている。
     
1. この段階では、自然形態(有用性、使用価値の形成要素)の変換はまだ生じていない。

 ② 「だが、亜麻布の価値をなしている労働の特殊な性質を表現するだけでは、充分でない。流動状態にある人間労働力、すなわち人間労働は、価値を形成するのではあるが、価値ではない。それは
凝結した〔gerinnen : ゲル化した〕状態(*注4)で、すなわち、対象的な形態で価値となる。人間労働の凝結物〔Gallerte〕として亜麻布価値を表現するためには、それは、亜麻布自身とは物的に相違しているが、同時に他の商品と共通に亜麻布にも存する「対象性」として表現されなければならぬ。課題はすでに解決されている。

 
(*注4)1.「凝結した」のドイツ語原文はgerinnen:ゲル(ドイツ語Gel)化した(自然形態の状態変換)場合に使用される。現代では一般的にゲル-ゾルのコロイド化学で使用される。


2. 自然形態は、ゲル化した対象的な形態に変換されることになる。
3. ゲルの例:ゼラチン(主にコラーゲンを主成分とするタンパク質のゲル。
4. ゲル化:液状のゾル状態から固体状態に変換すること。

 4). 
第3節 A  3 等価形態
 

 「われわれはこういうことを知った、すなわち、商品A(亜麻布)が、その価値を異種の商品B(上衣)という使用価値に表現することによって、Aなる商品は、Bなる商品自身にたいして独特な価値形態、すなわち等価の形態を押しつけるということである。」
 「等価のつとめをしている商品の物体は、つねに抽象的に人間的な労働の体現〔具体化するverkorpern〕として働いており、しかもつねに一定の有用な具体的労働の生産物である。したがって、この具体的労働は、抽象的に人間的な労働の表現となる。・・・亜麻布の価値表現においては、・・・この物体〔等価形態にある上衣〕にたいして、人は、それが価値であるという風に、 したがって、亜麻布価値に対象化されている労働から少しも区別されない、労働の
凝結物〔also Gallerte von Arbeit〕であるというように、みなしてしまうのである。このような価値鏡を作る(*注5)ために、裁縫〔上着をつくる労働〕自身は、人間労働であるというその抽象的な属性以外には、何ものをも反映してはならない。」
    
 
(*注5)商品の価値表現は、労働のGallertを映し出す「価値鏡(価値を映し出す概念装置)を作る」こと。



 
5). 第3節 B 総体的または拡大せる価値形態

     1 
拡大された相対的価値形態


 「一商品、例えば、亜麻布の価値は、いまでは商品世界の無数の他の成素〔Element〕に表現される。すべての他の商品体は亜麻布価値の反射鏡となる。こうしてこの価値自身は、はじめて真実に無差別な人間労働の
凝結物〔als Gallerte unterschiedsloser menschlicher Arbeit〕として現われる(*注6)。なぜかというに、価値を形成する労働は、いまや明瞭に、一切の他の人間労働がそれに等しいと置かれる労働として、表わされており、その労働がどんな自然形態をもっていようと、したがって、それが上衣に対象化せられようと、小麦や鉄または金等々に対象化せられようと、これを問わない 〔価値量として、系列化している〕 からである。したがって、いまや亜麻布は、その価値形態によって、もはやただ一つの個々の他の商品種と社会関係にあるだけでなく、商品世界と社会関係に立っているのである。それは、商品としてこの世界の市民なのである。(*注7)

  (*注6)
1. 使用価値の「形成要素Bildungselement」が抽象されて、「価値」は商品世界の無数の成素Elementに表現される。
2. 拡大された価値形態において真実に
凝結物Gallertとして現われる。

 (*注7) 
亜麻布商品は、Gallertとして商品世界の市民となる。ウィルヒョウを参照のこと。

 
6). C 一般的価値形態  1 価値形態の変化した性格

 「商品世界の一般的な相対的価値形態は、この世界から排除された等価商品である亜麻布に、
一般的等価の性質をおしつける。亜麻布自身の自然形態 〔 Naturalform 〕 は、この世界の共通な価値態容 〔 Wertgestalt 〕 であり、したがって、亜麻布は他のすべての商品と直接に交換可能である。この物体形態は、一切の人間労働の眼に見える化身〔sichtbare Inkarnation受肉として、一般的な社会的な蛹化〔gesellschaftliche Verpuppung:サナギになること〕としてのはたらきをなす(*注8)。

 「労働生産物を、無差別な人間労働の
たんなる凝結物〔blose Gallerten unterschiedsloser menschlicher Arbeit〕として表示する一般的価値形態は、それ自身の組み立てによって 〔形式の成長過程によって、それが商品世界の社会的表現であるということを示すのである。このようにして、一般的価値形態は、この世界の内部で労働の一般的に人間的な性格が、その特殊的に社会的な性格を形成しているのを啓示する〔offenbart〕のである(*注8)。
 
   
 (*注8) Gallertは、眼に見える化身・受肉の結果、商品世界の内部で、ある社会的な性格を形成するのである。これを啓示する。
貨幣形式へ啓示する-貨幣形態へ

 
7).  D 貨幣形態

 貨幣形態という概念の困難は、一般的等価形態の、したがって、一般的価値形態なるものの、すなわち、第三形態の理解に限られている。第三形態は、関係を逆にして第二形態に、すなわち、拡大された価値形態に解消する。そしてその構成的要素konstituierendes Elementは第一形態である。すなわち、
 亜麻布20エレ=上衣1着またはA商品x量=B商品y量である。
 したがって、単純なる商品形態は貨幣形態の
萌芽〔胚細胞〕der Keim der Geldformである。



 ・・・以上で、終わり・・・