ホーム

 
  『資本論』とヘーゲル 
  2020資本論入門 5月号 (文献資料)

   
単純な価値形態と 「ヘーゲル論理学」  2020.05.13 作業中です・・・

 資本論ワールド 編集部
 これから「単純な価値形態」の解説を行います。
 マルクスは『資本論』の第2版後書きで、「 価値理論にかんする章の諸所で、
ヘーゲルに特有の表現法を取ってみた 」 と述べていますので、当該箇所の分析を通して具体的に『資本論』とヘーゲルの関係 ~ 特有の表現法 ~ を探究してゆきます。
 なお、
価値形態の展開とドイツ語表記によるヘーゲル論理学の対比についても、参照してください。



貨幣形態の発生」を証明する

第2章 価値形態の展開とヘーゲル論理学の対比

 


  Ⅰ 「単純な価値形態」の分析

  最初に [1.商品の単純な価値関係] から分析します。

 [1]-1  『資本論』 第1章 第3節 価値形態または交換価値

  「 最も単純な価値関係 einfachste Wertverhältnis は、明らかに、ある商品が、他のなんでもいいが、ただある一つの自分とちがった種類の商品に相対する価値関係である。したがって、二つの商品の価値関係は、一つの商品にたいして最も単純な価値表現を与えている。」

 A 
単純な、個別的な、または偶然的な価値形態
   
Einfache, einzelne  oder  zufällige  Wertform

 x 量商品 A = y 量商品 B あるいは、x 量の商品 Aは y 量の商品 B に値する ( 亜麻布20エレ = 上衣1着 または20エレの亜麻布は1着の上着に値する )


  価値表現の両極。すなわち、相対的価値形態と等価形態
 「一切の価値形態の秘密は、この単純なる価値形態の中にかくされている。したがって、その分析が、まことの難事となるのである。

  ここでは、2種の異なった商品 AとB、われわれの例でいえば、亜麻布と上衣とは、明白に二つのちがった役割を演じている。亜麻布はその価値を上衣で表現している。上衣はこの価値表現の材料の役をつとめている。第一の商品は能動的の役割を演じ、第二の商品は受動的のそれを演じている。第一の商品の価値は、相対的価値として表わされている。いいかえると、第一の商品は相対的価値形態にあるのである。第二の商品は等価として als Äquivalent 機能している。すなわち等価形態にあるのである。」

     ・・・ ・・・ ・・・


 第3節価値形態では、AからDまで4つの価値形態(価値の形式)に区分されています。

第3節 価値形態または交換価値 
   A 単純な,個別的な,または偶然的な価値形態
  B 総体的または拡大された価値形態
  C 一般的価値形態
   D 貨幣形態


 一切の価値形態の秘密が、単純なる価値形態 einfachen Wertform にかくされて」います。したがって、商品の価値表現 (x 量の商品 Aは y 量の商品 B に値する) と「二つの商品の価値関係 (x 量商品 A = y 量商品 B)」 の関係性を明らかにすることによって、価値形態の秘密を解き明かすことになります。
 『資本論』では、「A 単純なる価値形態 (第1形態)」 から「D 貨幣形態 (第4形態)」までの4つの形態・形式を通して、「ヘーゲル論理学」を応用していますので、ヘーゲルを参照しながら「第1形態」から進んでいきましょう。

 [1]-2   単純な、個別的な、または偶然的な価値形態 (第1形態)
        
Einfache、einzelne、  oder  zufällige  Wertform
単純な Einfache、② 個別的な einzelne、③ 偶然的な zufällige   
  ・・・作業中です・・・